お客様とは何か?を考える件

      2017/04/12

スポンサードリンク

こんなニュースをみてびっくり!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-01790193-nksports-entラーメン二郎の客批判

そもそもなんでこうなった?

大は多いので初めての方は小でと再三お願いしたのにいいから大全部マシ。金払えば何してもいいと言う勘違いした態度。半分以上残した後笑いながら食えるわけねーよ。とクソ野郎三連コンボのお客様がいらしたので帰り際に人生初の『2度と来ないでくださいね~』が自然と口から出てて驚く

その現場にいた訳でないのですが、明らかにお店側は正当と思いますね。

再三の忠告にも関わらず、予想通りの結果に思ってしまうのも分かります。

お客様ってなんだ?

私の私見と思いますが、『お客様』ってのは、『店側』に認めてもらえて初めてお客様になるものと思ってます。

自分の事を『お客様』と言っちゃうのは、恥以外の何物でもないと思うんですよね。

そもそも、飲食店とかだと分かりにくいのかも知れませんが、これもひとつの売買契約の様なものですからね!

ある商品が欲しい場合、その対価としてお金と交換に手に入れる訳ですから。

そもそも、客側はそのラーメンをお金を払ってまで食べたくて行った訳だ。

商品としてのラーメンは、当たり前ながらそれを作る上で様々な経費も掛かっていて、それに見合った価格を付けるのが普通。

双方納得の上で取引し、成立する訳だ!

が、この手のラーメンはおなか一杯食べて欲しい想いが、増量を無料にしてるわけで、残されるのは面白くないのは感情論。

このケースで言えば、どういったやりとりがあったかで、変わる事もありそうですね(;´・ω・)

まず、代金後払いの場合は、記事中の様に言っても、代金を受け取らなければ契約不成立。

先払いの食券の場合は、最初に対価を受け取ってる訳で、その後ゴネルのは店側が悪い。

ん?

なんだかこんがらがってきたぞ(笑)

まとめ

結局、どっちがどうって展開になって来ちゃいましたが、焦点は店側が代金を受けっとったままか、一度は受け取っても返却したか?

この辺で、ジャッジが分かれそうです(;´・ω・)

冒頭で描いた通り、感情論であれば、店側圧勝!

契約関係で見た際は、契約が成立してるかどうかで、問題が変わるかな。。。

 

と、ぜーんぜん締まらなくなっちゃいましたが、私はラーメンが大好きです♪

一杯のどんブリの中に、ドラマがある!!

うんまいラーメンを作るには、かなりの時間を要す訳で、それを侮辱されたら怒るわな!

 

はい!

takabon13的には、お店側ってことで(笑)

 

 

 - 想い, 日々 , , , , ,