お豆、おまとめ、キュレーションサイトがアツい!?

   

スポンサードリンク

まとめサイトって結構多い!

色々検索してると、〇〇のまとめ等の記事って結構ありますよね~

色々考察してみます!

どんなものがあるのか?

有名どころでは、『NAVERまとめ』が一番有名かも?

大抵調べたい事を検索すると上位表示してくるな~

そういえば、スマホアプリの『グノシー』や『アンテナ』もキュレーションですね~

ユーザー側からすれば、簡単に知りたい情報を閲覧出来るので、とても重宝しますね♪

キュレーションサイトがメールアドレスの無料登録だけで作れちゃうサービスもありました!

ご参考までに→〇無料登録〇

DeNA問題でどうなった?

世間を騒がせてこのニュースでしたが、実際のところはどうなのか?

確かに『医療系』などで、あまりに適当な記事も散見してたらしいので

それはマズいとは思います。

今は、画像等の著作権侵害の問題が騒がれてますね。

山ほどある画像や動画等を簡単に観れる環境ですから、言い換えれば簡単に

盗用出来る環境でもある訳ですね(;’∀’)

これは、モラルとマナーですし、著作権法という法律がある訳ですから、ルール

に乗っ取っていかなければいけませんもんね。

 

例えば、スピードが出せそうな一本道。

ルールで時速60KMになってれば、それ以上だせばルール違反ですから~

引用と盗用

引用

「公表された著作物は,引用して利用することができる。この場合において,その引用は,公正な慣行に合致するものであり,かつ,報道,批評,研究その他の引用の目的上正当な範囲で行なわれるものでなければならない。」(著作権法32条
適正であれば、著作者・著作権者に断りなく引用可能である。無断で引用できるので無断引用という言葉は適切ではない。

一般に引用の要件を満たすには以下の条件が必要(参考:引用 – Wikipedia)。

  1. 引用する必然性があること
  2. 本文が主、引用が従の関係であること
  3. 引用部を明確にする(段落を変える、カギ括弧をつけるなど)
  4. 引用元の明示

これらの条件を満たさない場合は、転載あるいは盗用。たとえば、多くの文章を引用したが、その引用に基く自身の考えが殆ど無かったら引用の要件を満たさない。
引用は、著作者・著作権者に断りなく可能であるから、引用可能かどうか明示する必要はない。個人的には、書く必要はないと考える。

引用先http://lastline.hatenablog.com/entry/20080111/1200040740

これに対し、盗用は著作権者の承諾なくかつ引用に当たらない事。

法律関係の言葉は、難しい表現が多いので分かりづらいですが、キュレーションサイト

のみならず、ブログ運営していく際にも気を付けなければいけませんね。

まとめ

色々と問題点が取りざたされているキュレーション問題ですが、掘り下げてみればキュレーションに限った事ではないですね。

やはり、なんでもそうですが、ルールや決まりをよく理解していくことが本当に大事ですね!

どうしても、『引用』させて頂く事はあることですので、間違っても『盗用』にならない様に気をつけます!!

 

最後に、これからWordPress(ワードプレス)でブログを開設しようとしてる方は必見です!!

評判が良くtakabon13も使ってるエックスサーバーさんが、またドメインキャンペーンやってくれてますよ!

オススメです♪


 

では、ありがとうございました(^^♪

 

 - WordPress, ネットビジネス , ,