隣の芝生は青い?いや、そっちの芝生が青いのでは?『起業人』と『企業人』

   

スポンサードリンク

自分の仕事以外は良く見える?

 

今日、よくして頂いてる方と話してた話題。

『仕事』と言っても、アバウトの大きく2つに分けると、『起業人』か『企業人』ですよね?

企業人から起業人へよく聞かれる言葉。

  1. 時間や休みは自由に取れるんでしょ?
  2. 自分の売上は自分のものでしょ?
  3. 上司とかに気を使わなくていいよね?

とかとか。

1.

確かに始業終業時間や休みは、ある程度の自由はあります。

ただ、勝手気ままにやり過ぎれば、仕事自体が無くなるリスクも。

余程システム化してない限り、その日の売り上げが頼り。

カレンダーの祝日はあまりうれしくない。

2.

確かに、フランチャイズ等だとロイヤリティ発生したりするビジネスモデルもあるが、基本的には

そうなる。ただ、申告などを自分でやる必要もあるし、売上の保証はない。

当然ながら、誰も補てんはしてくれないので、自転車操業に陥ることも。

3.

これも確かにそう!

基本的にお客様と直にやりとりするわけなので、対応次第で信用自体を失う恐れも。

逆を言えば、盤石な基盤がなければ綱渡り状態。

逆も踏まえて考えてみる。

起業人から企業人への事を考えると、大抵上記の反対の事となるのではないか?

1.有給休暇等があるのは最高だ!

2.ノルマのある営業職でない限り、自営程数字に縛られることはないだろ!

3.上司に気は使うかもしれないが、会社がある限り決まった日にちに決まった給料が

振り込まれるのは、スゴイことだ!

こんな感じになるのではないでしょうか?

そんな自分も、企業人6年、起業人13年と双方の悩みどころも分かってます。

前職の事業なんか、9時から27時くらいまで、ほぼ休みなく働らいてましたから!

自分で区切りをつけてそこまでで、今日は終わりになる訳ですし、自分が動かない限り

お金は生まない訳ですから、正直連休なんてなかなか取れないものです。

事業の存続をしないのであれば、いくらでも休めます!(笑)

当時は、有給が欲しい!と本気で思ったことが何回かありました!(;’∀’)

余程でない限り、独占業種って難しいですから、必ずと言っていいほど競合がいる訳で

自分とこのシェアを減らさないようにする為には、へたな事は出来ないんですよね。

まとめ

『企業人』には企業人の立場の悩み、

『起業人』には起業人の立場の悩み、

それぞれあるものです!

【隣の芝生は青く見える】

ひとつだけ言えることは、お客様のニーズに応え、価値を提供する。

そして、どちらにしてもここでは言いませんが、お客様の為に努力を惜しまないという事です。

自分本位で考えてしまうと、どちらの場合も非常にマズいです!

やはり、どうやったら喜んで頂けるのかにフォーカスすべきですね♪

どんなに、情報技術などが良くなっても、最終的には人:人ですから!!

 

 

 

 - WordPress, 想い, 日々 , , , , , , ,